お元気ですか?

声優・歌手として活躍する水樹奈々が、自身がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」で、“年々ストイックになっている”というダイエットやトレーニングの体験談を語りました。
◆【今度は富士山登頂にチャレンジ!】
100kmウォーキングや登山……最近増えつつある番組リスナーのみなさんからのチャレンジ報告。現在、富士登山を考えているという水樹からは、こんな感想が飛び出しました。
「みんなでアクティブになっていっているような、そんな感じがして……。で、また今まで自分が経験したことのないものにチャレンジしようっていう気持ちが、みんなすごく高まっていて、なんか、すごいうれしいです! 私も、『うかうかしていられない!』と闘志に火がつきましたよ。絶対、富士山登頂、がんばりたいと思います!」
筋トレやダイエットに対して年々ストイックになっている水樹ですが、かつてはこんな思い込みがあったそうです(笑)。
「私も、10代、20代のときは、自分が歳をとらない気でいたの! で、30代になったら、『あれあれ?』と思うことがいっぱい起き始めるわけです。先輩方が、いかにすごいかということを学ぶわけです。あの年齢で、あの体型とあの健康を維持しているということは、見えないところでどれだけ努力しているのかということを、すごく身にしみてわかるときがくるんです」
気づくのが早ければ早いほど、より素敵な歳の重ね方ができるのではないか?ということで、トレーニングの大切さや努力することの必要性を、折に触れ、番組の中で語ってきた水樹。その結果が、リスナーのみなさんからの活動報告にもつながっているのだそう。
◆【水樹がトレーニングに目覚めたきっかけは?】
番組スタッフが街ゆく人にダイエット経験について取材したところ、多かった回答は、男性は筋トレ、女性は食事制限。 水樹の男性スタッフも、有酸素運動と筋トレの両方の要素を持つ「FEELCYCLE」というバイク(自転車)エクササイズに通い、2~3ヵ月で体重が10kgも落ちたのだとか。
「男性ってすぐ、結果が出るからうらやましいなって……。女性のほうが、どうしても脂肪が多いから、筋肉になりにくくて効果が出にくいから、食事のほうにいっちゃうんですよね」
食事制限ダイエットは、かつて水樹自身も経験したことがあり、女性の回答に共感する部分もある様子。そんな水樹が、トレーニングをするようになったきっかけは……?
「やっぱり、体調を崩して、すごく痛い目にあったからなんですよね。『自分は絶対大丈夫』って、どこかね、変な過信があって……。食べても太らない体質だったから、『全然大丈夫』って思っていて。食べ過ぎても、『3日間ちょっと少なくすれば……、野菜だけの生活をすれば大丈夫』って」
過去のダイエットを振り返りながら、「いつまでも『若いね!』って言われたいし、重力に逆らっていたいの! キュッって上がっていたいの!(笑)」と今の気持ちを語る水樹。
「背が低いから、ヒップアップすると脚が数mmでも長く見える……これ、大事なのよ(笑)」
そんな水樹の、ストイックさの根っこにある気持ちはというと……?
「けっして若作りするわけでなく、でも、ちゃんといい感じに素敵に歳を重ねて、いつまでも若々しく見えるような……。きれいな歳の取り方ができたらいいなって思っているわけなんですよ。なので、自分との闘いみたいな感じですよね。だから、私はやっぱりMなんです(笑)」
(TOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」7月4日放送より)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00010005-tokyofm-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

感謝します。
低速回転のジュサー
クビンスホールスロージューサー