訪問感謝です。

女優として時代劇から学園ドラマ、サスペンスまで様々な役柄をこなし、バラエティーや旅番組にまで活躍の場を広げる伊藤かずえさん。年齢を重ねて太りやすくなり、ダイエットに悩んできましたが、料理研究家・柳澤英子さんが考案した「やせるおかず 作りおき」(やせおか)の料理レシピで、12キロの減量に成功して話題となりました。ダイエットの秘訣(ひけつ) 、そして、女性としての人生などについて聞きました。(聞き手・塩谷裕一、菅谷千絵)
――ダイエット料理のレシピ本も出されるようになると、お友達を呼んで料理をふるまう機会が増えたのでは?
 最近はホームパーティーを開くことはほとんどなくなりました。休みのときには、娘が仲良しの友達、それにそのママ友と一緒に外で過ごすことが多くなりました。ここ10年ぐらいは、毎年、大阪や熱海などへ一緒に旅行に出かけています。
 ママ友は心強いですよね。お互い子育ての悩みが一番多いので、思いを共有することもできますし。
――最近は、髪留めやブレスレットに使うビーズでシュシュ作りに熱中されていると聞きました。伊藤さんのブログでは、作り方の紹介もされていますね。
 みんなでにぎやかに過ごすのもいいのですが、基本は1人で静かに過ごすことが好きなんですよ。ビーズシュシュを1つ作るのに7、8時間かかりますが、充実した時間になります。
――きっかけは何だったのですか?
 もともと何かを手作りするのが好きだったのです。4~5年ぐらい前、天然石などを通したブレスレットの「ストーンアップブレス」が流行して、これは自分でも作れるなと思ったのがきっかけです。材料を買って作り始めたら、見事にはまっちゃいました。洋裁も得意だったのですが、それも1人でいる時間を楽しむためでした。
ダイエット成功で、娘との関係も改善
――お嬢さんの身の回りのものも、手作りされるのですか?
 そうです。小さいときは、自分で生地を手にした娘に、「ママ、これで服を作って」と言われたりすると、喜んで作っていたのですが、今はもう頼まれることもありません(笑)。だから、最近では得意の洋裁もすそ直しやボタン付けぐらいしか出番がありません。
――女の子は高校生ぐらいになると、変わっていきますね。
 そうですね。親からは離れていきます。ちょっと寂しいけれども……。そんなときは、ママ友とカラオケに行きます(笑)。
――お嬢さんとの関係はいかがですか?
 仲がいいと思っているのは私だけで、向こうからは「ウザい」とか言われています(笑)。
 私が太っていたときは、着る服について、娘は何も言わなかったのですが、最近は「ママ、こっちの服の方がかわいいよ」とか、「このアクセサリーをつけていきなよ」とか言ってくれるようになりました。私への対応がよくなった気がします。
――お嬢さんなりに、お母さんの健康を気にかけていたのでは?
 そうですね。それに、私自身も体調がよくなかったから、娘の前でもぶすっとしていたと思います。「家にいるときまでニコニコはできない」という感じで。
 ただ、ダイエット企画が終わった後、娘が書いた手紙を番組スタッフが持ってきてくれたんです。「お酒を飲み過ぎずに、これからも頑張ってね」と書かれていました。直接は言ってくれていないけれど、それを読んだときは、うれしかったですね。
――「食べるダイエット」に成功してからは、健康面だけでなく、母子関係もいい方に展開したわけですね。
 そうですね。思い切ってやってよかったと思います。テレビで恥はさらしましたけれども(笑)。
 レシピ本を出版してから、埼玉や名古屋などでトークショーを開いたのですが、同世代の40代、50代の女性が多く来てくださいました。体重をめぐるつらい思い出を語ったときには、会場全体がシーンとなるんですよ。「こんなに耳を澄ませて聞いてくれるんだ」と思って、こちらが感動しました。
 本のサイン会でも、「かずえさんの本で、あと3キロ痩せます」などと声をかけられます。そういう言葉は、逆にこちらの励みにもなりますよね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00010001-yomidr-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

お読みいただきありがとうございます。

桑ポリス
⇒ 桑の葉エキスのサプリメント、糖分の吸収を抑えます。