訪問感謝です。

“ぽちゃドル”水樹たま 5キロダイエットも3日でリバウンド

東スポWeb 7月3日(水)16時55分配信


“ぽちゃドル”水樹たま 5キロダイエットも3日でリバウンド

“ぽっちゃりすぎるグラドル”水樹たま

 あの毒舌芸人・有吉弘行(39)をあきれさせたにもかかわらず、ブレーク間近と評判のグラドルがいる。“ぽっちゃりすぎるグラドル”水樹たま(27)だ。6月23日放送の日本テレビ系「有吉反省会」で「土偶アイドル」「ひょうたん」などと太りすぎたボディーを有吉にメッタ斬りされるも、放送終了後には「デブかわいすぎる」と男女問わず大人気に。あの「壇蜜フリーク」リリー・フランキー氏(49)をして「次はこの子」と言わしめた水樹の素顔に迫った。

 水樹といえば今年1月23日付の本紙で、年末年始に毎日、餅を10個食べるなど暴食を続け5キロ以上増量した“正月太りアイドル”として紹介された。

 この記事を見たリリー氏が「なんてエロい太り方だ」と水樹を気に入り「俺のイチ押しは壇蜜から水樹たまに変わった」と心変わり。一躍ブレークするグラドルの最有力候補に躍り出た。

 そんな水樹に今度は有吉が注目。MCを務める「有吉反省会」に“太りすぎたグラドル”として呼び寄せた。

 女芸人のキンタロー。(31)をブレークさせたことでも知られる同番組で、水樹は水着のひもが肉に食い込む“ボンレスハムボディー”を披露。会場中の女性に悲鳴を上げさせ、有吉からは「土偶アイドル」とののしられた。

 それでも「私のPMD(パンツがMなら大丈夫)基準では太ってない」とむちゃくちゃな持論を展開して居直る水樹に、有吉はなぜかニヤニヤ。先輩の「ダチョウ倶楽部」上島竜平(52)と“同じニオイ”を感じたようで「ダメだけど、何とかしてあげたくなっちゃうんだよね」と水樹をすっかり気に入った様子だった。

 番組では3週間で5キロのダイエットに成功するも「終わった翌日からラーメン、おすし、焼き肉、カレーと連日のカロリー摂取でわずか3日で体形が元通り」(マネジャー)とあっさりリバウンド。周囲をあきれさせているが、こうしたダメっぷりこそ水樹の真骨頂で、グラビア時代からこの“ダメかわいさ”でファンを引き付けてきた。

「グラドルとしては失格ボディーなんですけど、ダイエットさせるとファンから“あのだらしない体だからいいんだ”と抗議が来る」(グラビア関係者)

 イベントにもファンから食料が差し入れられるなど愛されており、リリー氏に「これだけ人を幸せにするのは才能」とまで言わせている。

 番組出演後の反響も大きい。ブログには50万人がアクセスし、女性からも応援メッセージが届いた。既にテレビ局からもオファーがきている。

 また、時代の風も水樹の大きな体を押す。今、ファッション業界には、「ぽっちゃりブーム」が来ており、3月にはぽっちゃり女子のファッション雑誌「la farfa」が創刊。人気ファッション誌「Can Cam」もぽっちゃり系女子を特集し、この夏にはエイベックスと合同でぽっちゃり系オンリーのオーディションを開催するなど需要が高まっている。

 テレビに出始めると奇麗になる女性タレントは多いが、水樹は「ダイエット? とりあえず食べたいものは食べたい」と話しており、体形はこのままキープしそう。太め残りの異色グラドルが壇蜜のように世間をにぎわしていきそうだ。

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130703-00000003-jct-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ではまた。

コメントを残す