こんなのもあります。

【G大阪】宇佐美、体脂肪率11%へ米抜きダイエット!節制も「食いたいっす」

スポーツ報知 4月16日(木)7時4分配信


 G大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)が“米抜きダイエット”で、体脂肪率11%台を目指す。バヒド・ハリルホジッチ監督(62)から3月の代表合宿時に測った14・1%の体脂肪率を、指揮官の求める水準まで減らすよう名指しで要求されてから一夜明けた15日、大阪府吹田市内の練習場で一念発起。「合宿中から言われていたこと。今年の初めから節制は始めている。(ピッチで)結果は出せているので、ネガティブにはとらえていない。でも減らす必要はあると思う」と語った。

 元来が太りやすい体質のため、夜は試合前日以外、大好物の白米を我慢。「米、食いたいっすよ。でも夜は野菜や魚を中心に」栄養は確保し、すでにオフから6キロの減量に成功した。だが悩みもある。「6キロ減っても、体脂肪率は1%も減らなかった」ことで「食事を我慢するなんてしょぼいこと」と自己流継続でノルマのクリアを宣言した。

 6月のW杯2次予選に向けても「(代表に)入ることができれば、(体脂肪も)減った数字を見せられる。意識改革もアピールできる」と前向きにとらえた22歳。代表生き残りへ、スリムになった体を見せつける。(金川 誉)

 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000013-mantan-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ご訪問ありがとう。