ようこそおいでくださいました。

薄毛といえば男性の悩みというような印象もあったが、専門クリニックでは女性患者も増えているという。薄毛治療専門の「城西クリニック福岡」(福岡市・天神)院長の照島雅之さん(65)に話を聞いた。

⇒【画像】「マイクロスコープで頭皮の状況確認もします」診療の様子

-薄毛とはどんな状態でしょう。
 「髪の毛が早く抜けたり細くなったりして、ボリュームが減ることです。本来1日当たり50~100本ぐらい抜けるのですが、薄毛の状態の人では100~200本以上に増えます」

 「背景にはヘアサイクルの乱れがあります。通常は成長期(新しい髪が成長する)→退行期(成長が弱まる)→休止期(完全に成長が止まり抜ける)というサイクルが、2~7年ほどで繰り返されます。この周期が短くなり、髪が完全に成長する前に抜けてしまうのです。結果、十分成長していない細くて短い毛が増え、薄毛が目立つようになります」

-女性の受診が増えているそうですね。
 「当院の女性患者数は2006年からの10年間で3・5倍ほどになり今は全体の2割を占めます。治療できるということが浸透してきたことも一因でしょう」

-女性の薄毛の原因は?
 「加齢によるホルモンバランスの乱れが大きく影響します。女性ホルモンには毛髪を健康に保つ働きがあるのです。特に閉経後はホルモンの分泌が低下するので、髪にはりやこしがなくなったり、抜け毛が増えたりするようになります」

 「過度のヘアケア、パーマやカラーによるダメージ、ストレス、睡眠不足、食事のバランス、タバコやアルコールといった生活習慣も影響します。東洋医学の分野で髪は血の余りを意味する『血余(けつよ)』と言われるように、健康で栄養状態も良ければいい髪が育ちます」

-治療法は?
 「脱毛を防ぐ、または発毛を促す内服薬や外用薬を用います。ビタミンやミネラルなどのサプリメントも組み合わせます。事前に薬が飲めるかどうか血液検査をした上で、医師が診察をして処方します。1カ月に1回ほどは受診してもらい、発毛状況やむくみ、体毛増加などの副作用がないかも確認します」

 「保険外診療なので、初診は1万円、その後は薬代を含めて月に1万5千~3万2千円ほどかかります。効果には個人差がありますが、3~6カ月で改善の兆候を実感する方が多いようです。髪のことで悩まなくなるのがゴールだと考えて診療に当たっています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00010003-nishinpc-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します

ではまた。

はなしゃん 薄毛になってきたら。